So-net無料ブログ作成

故ポール・ウォーカー 死因 ワイルドスピード7は弟のコーディーが代役か [映画]

                           スポンサードリンク
                         



事故により亡くなってしまった ポール・ウォーカーさんの死因が明らかになりました・・・んですが、彼はもう帰っては来ないです。

11月30日、友人のロジャー・ローダスさんが運転していたカレラGTの事故により、

友人と共にこの世を去ってしまったポール・ウォーカーさん。

130225_1644~01.jpg

この度死亡証明書が発行され、、正式に死因が明らかになりました。



これ以前には、アメリカ・ロサンゼルス郡検視局の発表で、

友人のロジャー・ローダスさんは、衝突による複数の外傷でほぼ即死。

そして、ポール・ウォーカーさんの死因は外傷と火傷によるもので、衝突直後はまだ生きていた。

とされていました。



しかし、この死亡証明書によると、
「ロジャー・ローダスはポルシェが炎上する前に、衝突による外傷により即死で、 ポール・ウォーカーは即死ではなかったものの、衝突による外傷を受けてから、 ポルシェの炎上によって火傷で亡くなるまでの時間はほんのわずかであり、ほぼ即死状態だった」

との事です。



この事故現場の防犯カメラの映像に、衝突直後にもかかわらず2人を助けたい一心で、

事故を起こしてしまったカレラGTに近づき、車が炎上してもなお、

自身も手にやけどを負いながら懸命に彼らを救助しようとしていた方が写っていましたね。

ポール・ウォーカーさんと同じ高校に通っていた、25年来の親友ニュート・ワイマーさん。



結局は、現場に駆けつけた消防隊員らに取り押さえられて、現場からは引き離されるんですが、

この防犯カメラの映像によると、追突事故から車が炎上するまで約1分。

先の米・ロサンゼルス郡検視局の発表では「死因は外傷と火傷によるもので、衝突直後はまだ生きていた」

との事ですので、「炎上する前に救出していれば、ポール・ウォーカーは助かったんじゃ無いか?」

と言う声も聞こえて来ましたが、

現実には「外傷による身体的ダメージでほぼ即死」の状態だったんですね。



ニュート・ワイマーさんの友人がRadoronlineでこう語っていました。
「ニュートは本当にショックを受けている。彼は勇敢な男で、できる限りのことをやったんだ。もし警官や消防士が彼を現場から引き離していなかったら、彼の命もなかったかもしれない。ニュートはただ彼らを救いたかっただけなんだけど、生きていることがラッキーだ」

今となっては、友人が語っているとうり、ニュート・ワイマーさんが事故に撒き込まれ、命を落とさずに済んだ事が、

唯一の救いだったのかもしれませんね。





ポール・ウォーカーさんの代表作『ワイルドスピード』

この突然の悲報を受けて、シリーズ第7弾『ワイルドスピード7』の撮影が無期限延期と発表されていましたが、

既に撮影されていたポール・ウォーカーさんの出演部分を削って、

新たな脚本を書き直し、予定通り製作・公開されると言う報道もありました。



しかし、ここに来てポール・ウォーカーさんの弟のコーディー・ウォーカーさんが、彼の代役として、

『ワイルドスピード7』製作サイドからからポールのスタントマンを演じるようにオファーされているみたいです。

130130_1134~01.jpg


製作サイドは、「『ワイルド・スピード7』を完成させる為にはポールのそっくりさんが必要」と悟っているそうですから、

ポール・ウォーカーさんが撮影したシーンは、作品に残す意向なんですね。もちろん主演の1人として。

弟のコーディー・ウォーカーさんは、スタントマンとしての経験があり、

勿論、実弟ですから背格好も似ている。

その為、現在何度も折衝を重ねているようです。



しかし、そのオファーに対する返答、弟のコーディー・ウォーカーさんはまだしていないみたいですね。

当然ポール・ウォーカーさんに突然訪れた死を、1番悲しんでいるのは家族ですから、

ご葬儀が終わったばかりのこの段階で、返答するなんて事は出来ないでしょう。



でもどうなのかなあ・・・

ボクも『ワイルドスピード』は大好きな映画で、次回作の『ワイルドスピード7』の公開を楽しみにしてたんですが。

弟さんでも、それは本人じゃないんですよね。本当に悲しい事ですけど。

そして、悲痛の思いでいるご家族のお気持を考えると・・・う~ん・・・考え過ぎですかね。



唯、制作サイドが思っているだろう「ポール・ウォーカーが演じるブライアン・オコナーをスクリーンに残したい」

という気持ち。それも分かる気がします。



ポール・ウォーカーさんの“遺作”として、『ワイルドスピード7』が公開されるんでしょうか。



全ては、ご家族のお気持ですね。

130225_1644~01.jpg


                            スポンサードリンク
                         
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。